最近では、カードを使ったリーディングはあまりしなくなりました。
カードを使わないで、リーディングができるからです。
でもイベントではよくカードを使います。
そうすると、やっぱりカードの正確さ、明確さ、愛にあふれたメッセージに改めて気づき、
カードリーディングはやっぱり素晴らしいって思います。

何より、絵から伝わってくることを読み取るのって、楽しいですよね。
そしてカードは必ず、必要なものが出てきます。
リーディングを始めたころ、自分のリーディングが本当に正確なのか、
これでいいのか、と不安になることもあると思いますが、
出てくるカードに間違いはありません!
それを信用することが大事です。

私がリーディングなどでカウンセリングをするようになったきっかけは、
オラクルカードリーディングでした。
2人くらいの先生に習い、自分でも日頃からよくリーディングをしていましたが、
あるとき、カードの絵が浮き出るように訴えかけてくることに気付きました。

「あ、なんかわかる!」って感じで、
絵が訴えかけることを伝えると、相手の方は「腑に落ちる」「なんか、わかる」と
納得してくれることが多くなり、それから自信を持つようになりました。

私はいつもカードの解説書を見ないリーディングをしているので、
教えるときも、解説書を見ないリーディングの方法を教えています。
たいていは、「解説をみないリーディングのほうが楽しい」
「思ったよりもわかる!」とみなさん、感激してくれます。
そしてそんなリーディングの方法は、直観力も高めます。

直観力が高まると、自分にとって大切なことがわかっていきます。
迷わず自分にとって大切なこと、必要なことを選ぶことができ、
それが成功体験となって、「これでいいんだ!」と自分への信頼感が高まります。
ひらめきも多くなり、ワクワクすることが増えていきます。

人にリーディングしてあげたい、という思いで始める人も
多いと思いますが、まずは、そんなふうに自分に対して使えるように
なることが大事なんじゃないかなと思います。

なぜ人は、他の人にリーディングをしてもらうかと言うと、
自分ではどうしようもできないことがある、
自分でどうしたらいいかわからない、
自分で決められない、というときに、人に頼りたくなるんですよね。
本当は自分のことは自分で決めたり、自分でわかることが大事だけれど、
不安が大きいとそれができなくなる。
人に頼ってばかり、人に決めてもらおうとするのはよくないけれど、
でもどうしようもできないとき、愛のあるリーディングをしてもらうと、
不安があるけれど、がんばって前に進む勇気が出る。
そうしているうちに、だんだん不安がなくなって、自分の進む道は
人に聞かなくても自分で決められるようになるし、
自分でどうすればいいのかが、わかるようになるんですよね。

そのきっかけとして、リーディングは、正確で明確であることはもちろんだけれど、
相手の方に、愛のあるメッセージを伝えることが一番大切なんだと思います。

相手に愛のあるメッセージを伝えられるようになるには・・・・

やっぱり自分を愛すること、それしかないと思います。

自分を愛するには・・・
自分を見つめなおすこと。
自分の中にある、ネガティブな思いを手放していくこと。

リーディングの技術を高めることは確かに大切です。
でも愛があったら、技術なんていらない。
ただその人(リーダー)から発せられる言葉が、
相手の方の前に進む力になれば・・・
相手の方を包み込むようなエネルギーで伝えたい・・・

そういう思いで、私はリーディングしています。


リーディングの1例を紹介します。
(ご本人に了承をとっています)

質問は・・・
海外移住するのに説明会に行き、3つの方法があるとわかった。
(説明会に行く前に、自分が行ってやりたいと思っていたことは無理だとわかった)
1)行ったり来たりする(観光ビザが9か月)
2)向こうの専門学校に通う
3)こちらで料理の技術を学び資格を取る
この3つの方法があるが、自分はどうすればいいのか、
この3つから選ぶとしたら、どれがいいのか

私は、カードにこう聞きました。
彼女が海外移住をするのに、どういう方法がいいですか?

そうしたら、出たのは以下のカード。

DSC_1118

リーディングを要約すると・・・

1枚目を見ていたら、イシスが話しかけてきました。
「好きなことをやってください。
今は3つしか選択肢がないと思っているかもしれないけれど、
それにこだわらないで、もっと大きな視野を持って。
なぜ移住したいのか、というところに戻るとよい」

2枚目
「優先順位は、自分の好きなこと、やりたいこと、
そこから考えていくこと」

3枚目
「今は自分の行きたい方法で行くことができない、と思ってしまっているが、
(不安、焦りが出てきている)
自分の好きなことは何?やりたいことは?ということを大切にしていけば、
あなたの中は平和で満たされ、そういう状態でいれば、
きっとうまくいく」

直観で感じたのは、
「3つの選択肢しかない、と思うと、
どうすればいいのかわからなくなってしまうかもしれないが、
その3つの先に、自分のやりたいことがあるかもしれない、
という視点を持つのもいい。
その3つから一つ選ぶとしても、それは通過点に過ぎない、と考えること」

ということも伝えました。

そんなふうにリーディングすると、彼女は、
3つから選ばなければいけない、という枠にはまってしまって、
どうすればいいのかわからなくなっていた。
けれど、その枠を外すと、こちらで料理を習っていくのもいいかもしれない、
と思えてきた。
最初はそれをやることも気が進まなかったけれど、
リーディングで視点が変わり、気持ちも軽くなった。
私は、もっともっと枠を外すことが必要なんだなって思えた。

とフィードバックをくれました。


私のリーディングは、絵の中の人物が話しかけてくることもあるし、
カードに書いてある文字(意味)が心に響く場合もある、
その中の絵の一部が気になるときは、そこをよく見ていく、ということをします。
そのほかには、直観が来たり、カード以外に無意識をリーディングして、
そこから読み解いていくこともあります。
もっと情報が必要な場合は、ガイドに聞いてみたり・・・と、
様々な方法でその方に必要なメッセージを届けます。

以前にも、カードリーディングレッスンを行っていましたが、
またこれからもやろうと思っています。

詳細は後日、ホームページにアップしていこうと思います。
アップしたら、ブログにもお知らせします。