この前は、おだ作り の記事を書いたけれど、その翌週はとうとう稲刈り!

週末はお天気に恵まれて、SOSA PROJECTのMY田んぼ の方々と一緒に
稲刈りをしました。

MY田んぼの方々は、土日でほとんどの方が稲刈りを終えました。

週末はお天気になりましたが、その前の平日は雨が降り続き、
田んぼは水がたまってしまい、水はけの悪いところはどろどろで、
その場所で稲刈りをされたみなさんは、大変だったようです。

それでもみなさん、とてもいい表情で生き生きと作業されていました。
やっぱり土に触れるってそれだけで、本当のその人らしさが
あふれてくるんだなって思いました。

DSC_1154


DSC_1155

今年はみなさん、例年に比べても、豊作みたい。
マメに通ってくれた方が多かったからかなぁ~


DSC_1152

土曜日は、小さな子どもたちがたくさん来ていて、
大人たちがなるべく作業に専念できるよう、私は子どもたちと遊んでいました。
「森のようちえん」じゃなくて、「田んぼのようちえん」だね。
子どもの笑い声が響く田んぼって素敵だなって思っていました。

午後からは、大人がそばにいなくても、子どもたちだけで遊んでいて、
そこらじゅう駆けずり回って遊んでいる姿を見ているだけで、
幸せな気持ちになりました。

大人がそばにいなくても、子どもたちは安心して遊んでいるし、
大人たちは作業をしながらも、子どもを見守っている。
自分の子どもだけを見るんじゃなくて、田んぼにいる大人がみんなで
子どもたちを見守っている、そんな包み込むような温かさを感じて、
またその光景に幸せな気持ちになりました。

私は田んぼの作業の合間に、掛け合う言葉が好き。
なんてことのない、たわいもない、あいさつだけの言葉が
田んぼでは、輝きを持っているように感じる。

私は、土、日、月、火、と4日間かけて、刈り終えました。
最後は一人でやり、終わった瞬間何とも言えない感動で、一人泣きました。

その話は続きます☆


DSC_1181