私は自分の心の深い闇を知って、その闇と向き合うことを始めました。
ヒーラーになりたいと、様々なセラピー、ワーク、ヒーリングの手法を学びながら、
自分の心とも向き合い始めたのです。
両親との関係性、聞こえないことで傷ついていること・・・
それはかなり壮絶でした。
泣き叫び、倒れこんで、全身で苦しみを味わうこともしばしばでした。
それが私が今までため込んでいたものでした。

講座に一緒に通う仲間たちもそれぞれ似たような感じで、
中にはそういったことに向き合うことができずに、去っていく人もいました。
そして人のとても深い闇も見ました。
なぜあんなにひどいことができるのだろう・・・と思わずにはいられないこともあったんです。

たぶん普通に生活をしていたら、そういう面は出てこなかったでしょうが、
心の深いところに触れることをしているので、その心の闇が
人への恨みに変わってしまうことがあって、そういうものを目の当たりにし、
怖くもあり、気持ち悪さも感じました。
でもそれも私の中にあったから、それを表現する人が出てきたんでしょうね。

ヒーリングを学びたい、ヒーラーになりたい、という人たちは、
もともと傷ついている人が多いのです。
自分がそれで癒されたから、今度は人を癒す人になりたい、と思うけれど、
自分を癒すことさえ難しいのに、人を癒すことなんてそんなに簡単じゃないし、
そもそも人を癒そう、なんて他の人ができることじゃないんですよね。
自分の傷は自分で癒すものだから。
他の人はそれに寄り添うことしかできない。

でも傷ついた人ほど、傷ついた人を助けてあげたいと思ってしまい、
それが勘違いってことに早く気付くべきなんですよね。

人の心に携わることをしたいなら、まずは自分と徹底的に向き合うべき。
そして誰も他の人を救うことなんてできないんだ、と肚に落とさなければならない。

私も本当に長い間、勘違いをしていました。

チャネリングやリーディングをすると、とても感動的な、希望を持つことが
できるメッセージをもらえるのですが、時として勘違いをしてしまうこともあります。

例えば、あなたはとても素晴らしい人で、この地球を救うために生まれてきました、とか
あなたは過去にもヒーラーで、とても高い能力を持っていて、今回もヒーラーとしての
仕事をするために生まれ変わっています・・・だとか言われると、
自分が特別な存在になったように感じるのです。

もちろん私たちはみんな一人ひとり特別な存在です。
でもヒーリングなどを学ぶ人たちは、今までが自分の評価が低かったり、
社会の中でつらい目にあったりしている人が多いから、
ヒーラーになれば、普通の人よりも特別な人になれる、と思ってしまいがちなんです。
そこに自分の価値を見出してしまう、目に見えない能力が高ければ高いほど
いいって思ってしまう・・・・
地に足がついた現実を生きにくくなってしまうこともあるんです。

人にみてもらって、目には見えないことがわかって救われることもあるし、
だからそういう人はすごい!って思いがちだけれど、
なぜ自分のことを人に見てもらいたいかと言ったら、自分のことが自分でわからなくて、
自分に自信がなく、信頼していないから、常に不安があるからだと思います。
でも何が起こっても大丈夫だし、今目の前にあることを精いっぱいやろう!って
そうやって、自分で自分のことを信頼して生きていけたら、そのほうがすごいよね!

そんな感じで、自分の闇と向き合いながら、ヒーラーになりたい!と
自分のやりたいことに向かっていったのでした。

聞こえないから、自分の好きなことを仕事にするのは無理だろう・・・
って思っていた私にとっては、こんなふうに思えただけでもすごいことです。

ヒーラーという仕事があるということを知る前は、
保育士を辞めて、どうしようかな・・・と思っていた時に、
カウンセラーもいいんじゃないかな、って思ったことがあったのですが、
すぐに「聞こえないから無理だよね・・・」とあきらめていたのです。

でも自分の心が変わればすごいですね!
前には無理だと思ったことが、無理だと思わなくなるんだから!

本当にここきて、自分の中の大きな変化を感じていました。
かなり私の心は軽くなっていました。

そして自分には合わない、と思っていた会社は、と言えば、
やっぱり最後まで合わない、と思って、辞めることにしたのです。
それでも6年もたっていました。
最後は転属した会社で、ちょっとつらいこともあったけれど、
でもあそこでしか会えない方たちに会えて、辞めた後もしばらくは
会ったりすることもあって、楽しかった思い出がたくさんあります。
私をやりたいことに向かわせてくれるために、休息の時間を与えてくれたんだな、
って思います。

辞めてからしばらくは、失業保険をもらいながら、かなりぶらぶら過ごしました。
たまにヒーリングを知り合いの方にさせてもらいながら、
でもそれは仕事というまでもなく、ほとんどの時間を好きなことをして過ごしていました。

仕事もしないで好きなことをして過ごすなんて、生まれて初めてでした!
きっと私の中には、一生懸命働かなければいけない、
仕事をしないでぶらぶらするのはよくないことだ、っていう固定観念があったんでしょう。
でも自分の心を癒すことで、もっと自由でいいんだよ!って思えるようになったんだと思います。

それでも1年ほどぶらぶらして過ごすと、飽きてきました。
東京の家賃は高くて、でも自信がなくて、ヒーリングの仕事で生計を立てることが
できなかったし、もっと自然の中で暮らしたいなって思うようになって、
田舎への移住を考え始めていました。


~続きます~



ブログランキングに参加してみました☆