先月、ケルティックディバインオガム、いう講座に行ってきたと、
ブログにも書きました。

その記事は こちら

android-20160324135737_20160324144151


ケルティックディバインオガムとは、オガム文字を使ったリーディング。

オガム文字というのは、古代アイルランドにおいて使用された文字で、
ドルイドが使った文字として残っているものだそう

ドルイドの信仰は、樹木と深いかかわりがあって、オガム文字も聖なる樹木と関連付けられ、
すべてのオガムアルファベットを樹木や植物の呼び名に対応させています。


ケルトの樹木信仰や樹木神話などが大好きで、以前はそういった本をよく読みました。
だから、樹木からメッセージをもらえるリーディングがあると知って、
ぜひ受けてみたい!と思って行った講座でした。


android-20160408222048_20160408222344


例えば、この文字は、Oir イール
樹木は、マユミに対応します。

マユミっていう木があるの、知らなかったんだけれど、日本にもあり、
弓の材料として知られていて、この名前「真弓」に由来するようです。

このマユミは、キーワードが 内なる平和

今ある幸せを大切にする、他人と比較しなくても、自分であることに満足できるようにする。
家族やコミュニティの調整役をすることで、ひらめきや問題解決に向かう、
というメッセージです。

今日はひとつ、私に必要なメッセージ、ということで引いてみたら、
このマユミが出てきたのでした。

講座で、ワンオガム(1日に一つオガムを引いて自分へのメッセージを受け取る)を
するといい、そして出た文字を手に書いておくと、1日そのエネルギーで過ごせる
(必要なエネルギーをもらえる)と教えてもらって、
だったら、メヘンディ(ヘナアート)をやってみよう、と思いつきました。

メヘンディは、1~2週間くらい絵が消えないので、その間、
引いた樹木のエネルギーをもらおうと思ったんです。

android-20160408182033_20160408202438

あんまり描いたことがないので、
線が太すぎてあまりいい出来とは言えないのだけれど、
自分では結構満足

android-20160408182043_20160408202435

マユミ、のオガムがどこにあるかわかりますか?

android-20160408195822_20160408202435

乾いてから、茶色のかさぶたを取ったらこんな感じに。

私には、キーワードである、内なる平和、という言葉が心に響きました。

で、この上から、ヤングリビングのエッセンシャルオイル、
ピースアンドカーミング をぬりぬりしてみたら、この手が、とても愛しく感じました。

もともと、メヘンディは中東やインドで、お祈りやお祝いのための装飾として
体に描いたものです。

ベリーダンスをしているときに、踊りって天に、神様に捧げるものなんだ、と感じて、
そのとき自分の体がとても神聖に感じました。
だから、その体を装飾することで、もっともっと神聖さが感じられるんじゃないか、
って思ったいたんだけれど、描いてみて、本当にその通りだと思いました。

絵を描いたこの手が、とても愛しく、神聖なものに思える。

私の、決して上手とは言えない絵でもそう感じる。

このメヘンディが消えるころには、マユミのエネルギー、内なる平和 な状態に
なっているかなぁ

絵にすることで、いつもそのことを思い出せる。

おまじないだね




魔女の自然とつながる学校

自然とつながる学校のページ
 
個人セッションのページ

魔女のリーディングレッスン



☆クリックお願いします☆

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村