6月から7月にかけて、身の回りの自然の恵みで、
様々なものを作りました。

android-20160726212646_20160726212859

今年、うちの裏にある梅は不作だったので、収穫できずにいたら、
田んぼ仲間のNさんがくださいました。

向かって左が酵素ジュース、左が梅干しです。

梅干しで使った赤シソを使って、シソジュースも作りました。


android-20160726212803_20160726212901

そしてある日、庭にあるびわの葉やローズマリー、レモンバームを
収穫しました。

そして作ったのがこちら

android-20160726212320_20160726212856

レモンバームの化粧水。

生のレモンバームの葉をエタノールに一晩つけて、
精製水で薄め、グリセリンを加えました。

今は化粧水はこれを使っていますが、そのあとに美容液などつけなくても
これだけでも大丈夫!
しっとりしています。

レモンバームは抗酸化作用があるとのことで、アンチエイジングにも
効果的なんだそうですよ。
湿疹などにも効くそうです。
私はシミが薄くなったような気もしています。


android-20160726212740_20160726212859

次はローズマリーをホホバオイルにつけました。
ローズマリーの葉は、オイルから出ない分量にします。
そして2~3週間おきます。

これは黒髪につやが出るそうです。
髪の毛を洗ったらドライヤーで乾かす前につけて、
乾いた後にもつけます。

染めた髪や金髪には、カモミールがいいそう。

ぱさぱさが収まった気がします。


android-20160726212701_20160726212859

こちらは、びわの葉エキス。

適当に切ったものを、35度以上の焼酎につけました。

これはつけてから2~3か月くらい待たなくちゃいけないので、
まだ使えませんが、びわの葉エキスの効能はたくさんあるみたいです。

・胃のもたれ
・口内炎・歯痛・歯茎の腫れ
・咳止め
・肩や腰の痛みの緩和
・火傷、虫さされ、すり傷
・あせもや湿疹などの皮膚疾患
・美肌効果
・水虫
・ガン抑制
・育毛 など

以前作った時は、虫刺されによく使っていました。
かなりひどく刺されたときも、毎日塗ると、早くかゆみもなくなり、
あともきれいになっていきました。

これも水で薄めて化粧水にもできます。
秋から冬は、これが化粧水になるかな♪

こうやって、身の回りのものを手作りできるってうれしいな、って思います。

食べるものだけじゃなくて、化粧品や薬の代わりになるものまで
作れちゃうのがうれしいな。

自然の力ってすごいよね~、って改めて思うのです。

あるもので作れるっていうのが素晴らしい

素晴らしい効能をうたった、高い化粧品を使うことがうれしい人もいると思うけれど、
私は自分で作ったものを使えるのがとってもうれしい~


こういうハーブなどを使って、身の回りのものを作るのに、
参考にしているバイブルはベニシアさんの本。

android-20160726205729_20160726213108

ベニシアさんの本には、ハーブなどを使った料理や化粧品、石鹸などの
レシピが豊富にあって、うちにあるハーブでできるレシピを真似しています。

ふと思ったんだけれど、向かって右にある本は、まだ東京にいたときに
買ったものだと思うのだけれど、
当時、この本を見ながら、こういう暮らしにあこがれていたんだなと思い出し、
ベニシアさんは、京都の大原で古民家を改修して暮らしているんだけれど、
まさに今の私の暮らしにそっくり(と言っては失礼なんだけど)

私、この家を見つけたときも、リフォームするときも、
「古い家に住みたいわけじゃないんだけれど、なぜかこの家になってしまった」と
思ったし、周りの人にも言っていたんだけれど、
実はあこがれていたのかも、って思い出しました。

実際、住んでみて、とても居心地がいいものね。
冬の寒さは大変だけれど、それも慣れてしまえば、工夫しながら暮らすこともできて、
季節感を感じながら暮らすという意味では、古民家ほどそれを感じることが
できる家はないのかもしれない。

だからね、私ちゃあんと、自分の望みをかなえてきているんだなって
改めて思ったの。

東京にいたときに、本を見ながらあこがれていた暮らしが今あって、
忘れてしまっていたけれど、それは私が「こうしたい」って願ったことだったんだって。


やっぱり、願えばかなう、願わなければかなわない

っていうのは、当たり前で、

願っているのにかなわないのは、執着が強すぎたり、
願っているのに、どうせだめだろう、って思っているからでしょう、きっと。

忘れるくらいが一番かないやすいのかもね。


もう一つ、あこがれた暮らしが、
ハワイ島に住む、フランス人のヤナさんの暮らし。

android-20160726205701_20160726210017

ヤナさんの家は、壁も床もない。

タープを張っただけの家で、家の中のキッチンなども手作りで、
素晴らしくクリエイティブな暮らし!
最初から出来上がっているのではなくて、自分で少しずつ暮らしやすく
手を加えていく家。

この本を読んだとき、「こんな暮らしがしたい!」って強く思ったの。

家の概念がガラガラと崩れてしまい、
いわゆる日本のちゃんとした家が、つまらなく感じるようになってしまいました。

もっともっと自然に近い、自然を感じながら暮らすことがしたいなぁと思いました。
今の古民家もそれに近い暮らしができていて、
周りは木に囲まれているし、家の中はいつでも好きなように、
模様替えやリフォームもできる。

でももっともっと、自然に近い暮らしがしたいんだよなぁ・・・
って思っていたら、ツリーハウスを作れることになったの。

だから本当に本当に、願いはかなうんだ、ってことをいまさらながら、
改めて思っています。




現在募集中のワークショップ・イベント

 田んぼでホタルに出会う時間
 7月30日(土)

 ツリーハウスを作るワークショップ
 8月6日(土) 8月7日(日)

 濡れ縁側作りワークショップ
 8月13日(土)
 ※こちらは移住仲間のおっちー主催

 ヨガリトリート
 8月18日(木・満月) 19日(金)