麻賀多神社で奉納舞をしたことを書いて、その後、

私の中に女神がいる=私は女神

と気づいて、自分のことを女神のように扱ってあげよう、って意識して思うようにしていました。


今日は、ここしばらく雨が続いて湿っぽい。
明日はお客さんが泊りに来てくれるけれど、布団も干せないから、
薪ストーブを炊いて、湿気を取ろうと思いました。

そんなことをしていたらお隣の多古町に住む方(おじさん)がうちを訪ねていらして、
薪ストーブを見たい、と。

うちの前を通る全く知らない人が、時々車を降りて話していかれることがあり、
そのおじさんもそうして知り合いました。

薪ストーブを見て、すぐ帰るのかな、と思ったら、いろんな話をしていかれました。

その方はたぶんコメ農家さんで、話も合って、いろんなことを教えてもらいました。

その話の中でそのおじさんは、私のことを

きれいですね

って褒めてくれる。

こんなきれいな人が田舎に来たら、田舎が明るくなる

とか、

お化粧はしているんですか?

していない、と言うと、

すっぴんがきれいだ、

と言ってくれる。


きれい

と言われることは、おじさんだって、おばさんからだって、うれしい。


そんなふうに言ってくれる人が現れたのって、
自分で自分のことを大切にしよう、女神のように扱ってあげよう、って思ったからかな
って思いました。



android-20160916193720_20160916195017

そして、薪ストーブを焚いて、布団を干しましたとさ(*^-^*)