昨日は、道を歩いていたら、突然ハートから愛がぶわ~っと
あふれてくるような感覚になり、涙が出てきて、そこにうずくまりそうになりました。

何もないのに、

幸せ~♡

という気持ちになって、幸せだ、幸せだ、と思っていると、
余計に幸せな気持ちになっていきました。


よく引き寄せの法則で言われているけれど、

いい気分でいるから、いいことが引き寄せられる
幸せでいるから、幸せな現実が起こる

というのは、本当だな、と思いました。

引き寄せの法則って、今はすごく流行っているけれど、
「何かを手に入れるための法則」になってしまっているところもあって、
まるでそれは、物欲の法則みたい。

でも本当の引き寄せって、

自分と同じエネルギーのものが引き寄せられる

だから自分のほしいもの、自分の望むものが引き寄せらる、んじゃなくて、
自分が発しているエネルギーと同じものが引き寄せられ、
そういう現実になっている、ということ。

だから、引き寄せの法則を意識しなくても、当たり前に引き寄せているんだよね。
それが自分の望むものであっても、そうでないとしても。


現実は鏡に例えるとわかりやすいと思うんだけれど、
鏡は先に笑わない、だから私が先に笑うんだ、ということ。

鏡に向かって、「私は幸せになる」と言っていれば、
鏡も同じように、「幸せになる」と言っていて、

それは、「今は幸せではない」っていうことを言っているのだから、
それを言っている限り、幸せにはなれない、んだよね。

だから、私は幸せです、と言う。
そうすると、鏡(現実)も、幸せです、と言い、
タイムラグはあるけれど、幸せな現実が起こってくる、ということ。

幸せでもないのに、幸せです、なんて言えない、っていう人も多いと思う。

きっとその幸せは、条件付きの幸せだからじゃないかなと思う。

これが手に入れば、こうなれば、という幸せの条件を自分で作りだして、
それが手に入らないから、自分は不幸だ、幸せじゃないと思っている。

でも、もう条件を付けないで、今、幸せだ、と決める。
幸せだと思う、幸せだと言う。

だって、今の現実はどんなものであれ、自分が引き寄せたもの。
自分がそうしたくて、そうなっているんだから、
それを認め、受け入れて、感謝して、初めて、現実が変わっていくのだと思う。


そういう私も、何年もの間、引き寄せの法則は、「物欲の法則」だと思っていて、
「あれがほしい、これがほしい」って、みんな強欲、って思っていた。
私はそんな強欲じゃないから、引き寄せの法則なんて、興味ありません!
なんて思っていたんだよね。

それが、ここ最近は、そうじゃなくて、
自分の発しているエネルギーが、同じものを引き寄せる、
だからいつもいい気分でいること、幸せな気分でいること、それが大切、
っていうことがわかってきた。

それを実践しようと思うけれど、でも現実はいい気分でいられることばかり起こらなくて、
嫌な出来事、嫌な人に出会って、気分が悪くなる。


いい気分でいられないと、嫌な現実が起こるから、無理やりいい気分でいることを
選ぼうとしていた。
感謝できないのに、無理やり感謝しようとしてた。

目の前に嫌な人が現れてくれたのは、私に何かを学ばせてくれるからです。
ありがとうございます。

みたいな。
いい気分で、いい人になろうとした。
でもそれをやっていると、むかむかもやもやが収まらない。

だからね、もうね、嫌な出来事があったら、嫌な人に出会ったら、
とことん、自分の本音、本当の気持ちに正直になろうと思った。

あいつ、むかつく~!
あんなこと言って、ばかじゃないの!
本当にキモイ!

こんなことが起こって悲しい~(>_<)
苦しいよ~(>_<)


って。


嫌なことされたら、とことんその人のことを嫌いになった。
避けて、嫌って、自分のことだけを正当化した。

いつもだったら、

お互い様だし、しょうがないよね、
いろんな人がいるんだから、
いろんな人がいて、この世の中は成り立っているんだし、
受け入れないとね。


って思って、本当は嫌なのに、受け入れて、いい人になろうとした。

昔から私、自分に自信がなかったから、いつも、いい人、頑張る人、
人の役に立つ人、になろうとした。

いい人でいれば、人に好かれると思っていたから。

でも人に好かれても、自分の本当の気持ちを無視していたら、
自分に好かれなければ、何も意味はない、ということがわかってからは、
いい人でいることをやめようと思った。

いい人でいることを辞め、嫌いな人をとことん嫌ったら、
周りの人から、もうちょっとその頑なな態度、強い態度はどうにかならないの、
と言われた。

まりりんがもう少しその態度を改めたら、丸く収まるのに、
みんなにとっていいのに、とも。

でも、私が我慢すれば丸く収まるなら、そうします、とは
私は言えなかった、自分の本当の気持ちを一番に優先することを選んだ。

そのときは、批判されて、とってもとってもつらかったけれど、泣いたけれど、
私が間違っているのかもしれない、と思ったけれど、
自分の本当の気持ちに従ってみた。

そしていい人じゃない、ブラックな自分をちゃんと見た。

意地悪で、
人の痛いところを付いてしまう、
やさしくない、思いやりもない、


そんな自分を見て、
ああ、それも私なんだ、と認めてあげた。


それは自分を愛することだ

ただ、自分の本当の姿、いいところも、悪いところも、
なんの判断もせずに、ただ見るということ。
認めること。


自分を愛する、大切にする、って、
自分の好きなことをやる、やりたいことをする、ってことだけじゃなくて、
自分のブラックなところ、闇を見る、っていうことでもある。


私は今、お米作りが楽しいし、田舎暮らし、自然の中での暮らしができて、
好きなことをいっぱいやって、以前とは、東京で暮らしていた時、
OLをしていたときとは、大きく変わってきている。

以前とは考えられない暮らし、生き方ができていて、
今の暮らしや生き方が好き。
毎日がとても楽しいと思える。

でも楽しいこと、好きなことだけをしていたからそうなった、
田舎暮らしをして、自給をしているから、この生き方、暮らし方が
好きになったんじゃない、楽しくなったんじゃない。


闇も見たから

自分のすべてを受け入れられるようになったから、すごく変わったと思う。


だから、闇を見よう☆
闇を見て、これも私なんだ、とどんな自分も愛してあげよう♡

そうすれば、自然と起こることすべてに感謝できるようになるよ♡