先日、SOSA PROJECTメンバー、移住メンバーと一緒に、
土気にある、高田造園ダーチャフィールド というところに見学に行ってきました。

森を含む広い敷地に、自然を生かした家、ドラム缶風呂、エコトイレ、畑などが
点在していて、そのすべてが、自然に寄り添うように、
その地にあるものすべてが犠牲にならないように、生かして、作られていました。
そうやって、荒れた森も、何年もかかって、手入れしたとのことでした。

突然伺ったのにも関わらず、高田さんに案内していただいて、
そのお話に、感動&うるうるしっぱなし!でした。

私の心に強く響いた言葉は、

土を呼吸させること
水と空気で土を呼吸させることが大事

ということ。

土が呼吸していれば、通気もよく、家も長く持つし、害虫も少ない、
雨が降って屋根を伝って汚れた水も、土で浄化しながら、川へ流れれば、
川もきれいだし、海だってきれいになる、

だけれど、現代の家は、地面をコンクリートで固めてしまっていて、土が呼吸できない、
U字溝では、土で浄化できないから、汚染された水が川へ流れていってしまう・・・

土に呼吸させてあげる、土を柔らかくしてあげる、ということが、
とても大切なことなんだ、って改めてわかり、
そのことが私にとっては、心がとても動く、うるうるポイントでした。



android-20161115111852_20161115113208

とても熱っぽく語ってくれた高田さん。

GWに植えた桜の木は、手入れもしていないけれど、
半年で倍に伸びた、と。
木の近くに穴を掘り、土を盛って、空気の入れ替えをしたそう。

草も土を守るために、上っ面だけ刈る、と。

マチャルは、聞こえなくて、説明がわからない私のために、
外なのにPCにノートテイクしてくれました。
おかげで話がわかりました。
本当にありがとう!



android-20161115111718_20161115113215


エコトイレ。
トイレの前で、子どもみたいに無邪気な笑顔の早苗さん。
かわいい(*^-^*)

トイレは、昔のぼっとんトイレなんだけれど、
土が水と空気の循環をすることで、微生物の住める環境を作り、
そうするとにおいもなく(うんちの上に炭を入れる)、
大地に還っていくから、物質(うんち)は消失し、汲み取りも必要なく、
大地のエネルギーにもなる。
だから近くに木を植えるといいって。


android-20161115111818_20161115113209

廃材などで30万ほどで作られたかわいいおうち。

android-20161115111750_20161115113211

家の基礎は、松の木を焼いて炭にしたもの。
これは伊勢神宮でもやっているそうで、
焼いた木を土に入れると、抜けなくて、菌糸が絡んできて、微生物が住み着く。
菌糸と根が水と空気を入れ替えて、繋がっていき、半年で、杭と根が絡んで、
地震が来ても大丈夫なんだそう。

android-20161115111935_20161115113200

家の屋根から雨が落ちるところに、溝を掘って、枯れ木などを入れてあげることで、
水がしみ込んで、土の空気の循環になる。
だから雨どいなんかがなくても大丈夫。

android-20161115111803_20161115113212

かつては、荒れていた森も、土を呼吸させ、水を浄化することで、
気がよくなり、蚊もいなくなったそう。
そうすると、藪にならないんだそう。

android-20161115111827_20161115113205

 ドラム缶風呂。
排水は一旦、掘った穴の中に入って、浄化されて、
下に流れていく。


android-20161115111738_20161115113210

お部屋の中も素敵だったよ(*^-^*)

森の中でも、土が呼吸し、水も浄化されて、通気がいいから、
おうちもからっとしている。


たくさん案内してもらって、最初にも書いたけれど、ずっと感動しっぱなし☆☆☆

うちも木に囲まれていて、裏の土地は誰のわからず、
草刈もしてくれないから、荒れ放題。

湿気も多くて、蚊もハエも多い。

立地が悪いんだなぁ・・・
仕方ないなぁ・・・

でもまあ、居心地はいいし、それでよしとしよう!

と思っていて、あきらめていたんだけれど、、

でもうちは幸い、古い家で、周りはコンクリート打ちっぱなしになっていないから、
高田さんに教えてもらったように、家の周りに溝を掘ったら、
土が呼吸して、湿気が減るかも、
そうしたら、雨どいもなくても大丈夫だし、と。

やれることいっぱいあるね!
やりがいがあるね!

と楽しくなってきたんだよね。

自分の家で、土が呼吸し、水を浄化できる環境を整えられるかも、
と思ったら、すごくうれしくなってきたの。

自然を守る、大切にする、環境保護、なんて言っても、
どこから手をつけたら??ってなるけれど、自分の家からできる、
自分の家の周りからできる、とわかったら、とてもうれしくなってね。

イヤシロチ(生命力にあふれた地)、ケガレチ(気枯れした地)って
あるけれど、それは土が呼吸しているかどうか、なんじゃないかなって思った。

だから土に呼吸させてあげる、水を浄化する、これをやったら、
イヤシロチが多くなるんじゃないかなって思う。

自分の家の周り、そして田んぼのある里山、そういう身近なところから、始めてみたいな。


そしてわたし、土が呼吸する、っていう言葉に、
とても感動して、うるうるっとしちゃうんだけれど、心が動くんだけれど、
そういう人ばかりじゃないよね。
何にも反応しない人もいると思う。

だからそういう、心が動くことをやればいいんだな、って改めて思ったの。

○○のために(今回なら自然のために)できることをしなければ!の、
ねば、べき、ということで、心が動く、じゃなくて、

なんかわからないけれど感動するよ~💕っていうことを
どんどんやっていけばいいんだと思う。

っていうか、もうそれしかできないし♪

わたし、今までよくわからずに、ドラム缶風呂作ってみたい、
ツリーハウス作ってみたい、っていうただの思い付きでいろんなもの作っていて、
今度はかまども作ってみたい、って思っているんだけれど、
それは全部、自然と近づきたい、っていう思いなんだよね。
ただの思い付きでやっていることに、いろんな知恵を教えてもらったら、
もっともっと自然に近づくような気がして、それもワクワクしてる~💕


そして、来年1月ごろに、高田さんのお話会をうちで開催予定です。
私みたいに、土が呼吸する、とかいう言葉に反応する人はぜひ参加してね~(*^-^*)
高田さんから直接、いろんな知恵を学ぶ機会になると思います。
日程、内容など決まったら、またブログでお知らせしますね~♪