先週末には、都心から (株)リヴァ の方たちが、
うちに宿泊し作業を通して田舎暮らしを体験する、宿泊体験事業でやってきました。

(株)リヴァさんは、うつの方の再発予防、社会復帰支援などをする会社で、
今年は5月、7月に続いて、3回目。

昨年来てくれたときのことを こちらに 書いています。

毎回だいたい違う方がやってきます。
初めての方がほとんどです。
みなさん、うつになって、休職中です。

今回来てくれた理由は、
うつになって会社を休職しているが、復職するかどうしようか、
新しい生き方についても考えるため、
という方がほとんどですが、今回は初めて、
まりりんさんに会いたいと思って、という方がいて、
うれしかった~💕

みなさん、いつもお昼頃来て、夕方まで作業、夜は一緒にごはんを食べます。

今回の作業は、田んぼの畔直しをお願いしようと思っていたのですが、あいにくの雨。
みなさんが来てくれたころには、小雨になって上がる感じだったのですが、
寒かったし、きっと田んぼは雨が水が増えて、作業するとドロドロになってしまうだろう、
と思い、部屋での作業に変えました。

部屋での作業は、ペンキ塗り。

部屋の壁や冷蔵庫を塗ってもらいました。

ホットピンクに!!
わたし、色が好きなんで~(*^-^*)

android-20161112115132_20161112124

android-20161112115139_201611121220

みなさん、私が塗るより、ずっとずっときれいに塗ってくれて、大助かり!
わたし、めっちゃ、適当なんで(*^-^*)

ペンキ塗りは1時間くらいで終わってしまって、時間があったので、
表にあったドラム缶風呂を、裏に運んでもらうこともお願いしました。

そのころには雨も上がっていました。



android-20161112115059_2016111620011

今までドラム缶風呂は表にあって、表は車が結構通るから、
暗くならないと入りにくかったり、女性は入りずらかったと思うのですが、
裏は全く人目がないので、ゆっくり入ってもらえると思い移しました。

それにツリーハウスがあるから、一緒に楽しんでもらえるかなぁと思います。

男性6人で運んでもらったのですが、結構大変だったみたいでした。
でも、助かっちゃった~!


夜はしのさんが作ってくれたごはんをみんなで食べます。

android-20161112115044_20161112

しのさんのごはんはいつも大人気!
みんな体にいい食事に興味津々で、しのさんにいっぱい質問していました。

そしてみんなの話題は、

自分を大切にすること、に。

うつになる方って、きっと自分よりも他人を大切にする、というか、
人の目が気になる、人の評価を気にしてしまって、
自分の気持ちを抑えてしまう、っていうことが多いと思うんですが、
今回来てくれた方もそういう人が多かったですね。

人よりも自分の気持ちを大切にしなきゃってわかっているんだけれど、
でもそうしようとすると、罪悪感が出てきてしまって、また同じこと(人を優先すること)を
繰り返してしまう、という人もいて、

そういう人には、

それ(罪悪感)を越えないと、何も変わらないよ~!

と一喝、ってほどでもないけど( ;∀;)

そんなふうに、私の言いたい放題の会です(*^-^*)

で、まだそのあと、リーディングもしてもらいたい、という要望があるので、
個別にまた、言いたい放題(*^-^*)

でもみんな、そんな私の言いたい放題、時にはきつい一撃も
受け止めてくれてるみたい。

いつも1泊してその次の朝帰るときに、宿帳(前に来てくれた方が作ってくれた)に、
コメントを書いてくれるのですが、
たいていみなさん、おいしいご飯とリーディングがよかった、と書いてくれるんです。
作業のことや田舎の暮らしについてはあまり感想がないんです。
田舎暮らしに興味を持っている人は少ないのかな。

だからわざわざうちに、田舎に来てもらう意味がないのかなぁと思うのですが、
(私が東京の会社に話に行くのと変わらない?)

まりりんさんの、いい意味での適当さにリラックスできた、

とか、

リーディングで泣いてしまったとき、まりりんさんが暖かいお茶を入れてくれて、
あんなふうにやさしくしてもらいたかったんだ、と気づいた、

とか、書いてくれた人もいて、そういうことを感じてもらうのって、やっぱりここに来て、
私の普段の行動を見てもらい感じてもらうことが必要なんだなと思いました。


私のリーディングとかヒーリング(セッション)というのは、
1時間いくらでやるのではなくて、ここの家で、私の普段の生活を見て、感じてもらい、
そして必要な時にはリーディングもする、っていう、
そういうスタイルが、一番相手の方に伝わるものが大きいんじゃないかなと思いました。
言っていることを実際に自分が行動しているから、わかりやすいんじゃないかと。
そんなことも思いました。


話はちょっと変わるけれど、
去年までのリヴァさんの宿泊体験事業は、ほとんど一人でやっていたんです。
受け入れて、一緒に作業して、夕ご飯を作って、宿泊の準備(布団など)、
そして朝ごはんも作る・・・

これを一人でやっていたら疲れてしまいました。
もちろんやろうと思えばできるんですよ。
効率よくやる、合理的にやる、というんですかね、
そうしようと思うと、頭はフル回転。
これをしながら頭は次のことを考えて、いかに段取り良くしようかということばかり。

それを何度かしていたら、頭がパンパンになってしまって、疲れるばかりじゃなくて、
今、ここにいる人たちと全然楽しんでない、次のことばっかり考えてる、
心ここにあらず、になってしまっている自分に愕然としました。
それって、いくら一人で全部できたって、楽しいことじゃないな、と思いました。

やっぱりちょっとくらい段取りが悪くても、スムーズに進まなくても、
待ってもらうことになっても、今ここを楽しみたい、もしできなかったら、
手伝ってもらおう、助けてもらおう、と思えるようにもなりました。

それから夕食はしのさんが作ってくれるようになり、
それだけでもとても楽になりました。
みなさんと一緒に作業をすることがとても楽しくなりました。
その時間を、そこにいる、目の前にいる人たちと、思いっきり楽しもう、と
思えるようになりました。

効率よく、合理的にやれば、一人でもできるし、そうすれば、いただくお金も
分ける必要もない。悪い言えば独り占め。

でも一人で効率よく、合理的にできなくても、今を楽しみ、
助け合いながら、お金も分け合う、そのほうがどれだけ楽しいか、リラックスできるか、
ということも体験からわかりました。


今年は、3回目の今回で終了。
また来年も、という依頼もありました。

いっぱい気づきを得て、さらにパワーアップして、みなさんを
受け入れたいなと思います。