もう1週間以上たってしまいましたが、
NY在住のマスターヒーラー、小林健先生の、
量子波ヒーラー養成講座に参加してきました。

健先生については、ほとんど前知識もなく、
この講座に巡り合えたのも、偶然のご縁でした。
とても有名な方だそうですが、そういうことも全然知りませんでした。

そもそももうヒーリングは2度と習うことはないだろうな、と思っていたのに、
参加したことが自分でも本当に不思議です。

きっかけは、今年の8月に、スザンナソフィアハートさんの、
アウェイクニングオイル講座に行ったことから始まります。
スザンナさんは前から大好きで、アロマオイルにも興味があったからです。

そのときのことは、こちら に書いています。

そのときに、エッセンシャルオイルの周波数の話が出て、

「やっぱりすべては周波数なんだな」って感じたんです。

病気なども周波数が下がっているために起きていることで、
周波数を上げたら、病気も治るよね~、とふと思いました。
それで、私の聴覚障害も、耳の周波数がきっと異常なんだろうから、
それを上げればきっと治るんじゃないかって思いました。

そんなときに、お友達が健先生のことを教えてくれて、
彼女はNYのWSに参加するとのこと。
私はNYまでは行けないなぁと思っていたら、
日本でのセミナーのことを教えてもらい、すぐに申し込んだのでした。

そのときは、聴覚障害も治るかもしれないなぁ・・・という気持ちで申し込んだのですが、
月日が経つにつれて、それもどうでもよくなってきて、
だから行くことをためらっていたのですが、NYへ行ってきた友達がすごくよかったよ!と
言うので、だったら行ってみようかな、くらいの気持ちでした。

行ってみて、もちろん講座そのものも、健先生の生のエネルギーに触れられたことも
とてもよかったのですが、何よりも大きな気づきがありました。

なので、今回の記事はセミナーのレポートというよりは、
私の気づきの記録です。


健先生は、手のひらから出る量子波で波動調整して、癌などもメスを使わずに
治すことで有名で、今までに多数の重病、難病の方を直してきたそう。

癌なども直してしまう量子波、そんなものが自分で出せるのだろうか・・・と思うのだけれど、
それは誰の中にもあるものだと言います。
それを上手に使えていないだけだと。

もちろん最初から健先生のように、528ヘルツが出せるというわけではなくて、
練習、修行が大切で、日本では健先生に認定してもらった方も、まだ数名とか。


お話の中で、私の心に響いたのは、

量子波=愛=生きること

生きるとは、ただ自分を生きるということ、なのかなぁと思います。
これは健先生のお話からじゃなくて、私が思うことだけれど、
誰かのために、何かのために、ではなくて、自分のために、
やりたいことをやり、言いたいことをいい、だれにどう思われるか、よりも、
自分がどうしたいか、自分がどうしていると居心地よいか、それだけに焦点を当てて行く。
ただ目の前のことを一生懸命やる。

そうすると、自然と自分らしさが出てきて、自分らしく生きられると、
自然とリラックスして、愛も湧き出てくる。
自然と湧き出てきた愛は、周りに流れていくしかないものね~💕
そうして、クリアな量子波が出せるようになるのかな、と。

そういうことなのかな、と思います。

講座は2日間あったのだけれど、2日目、外にお昼ご飯を食べに行き、
その帰り道、そんなに好きでもない都会のビルが立ち並ぶ中を歩きながら、
そのビルの合間からちょっとしか見えない空を見ながら、

生きているだけでいいんだ

って気持ちが湧き上がってきて、涙ぐみました。

なぜそんなふうに思えたのか、あとから理由を考えようとしたけれど、
○○だから、生きているだけでいい、なんて、そんなふうに、
頭で考えるものじゃないみたいで、ただ湧き上がってきたことを心にとどめました。
ただ感覚で感じる、とらえるのが、私なんだ、って思います。

今回の講座では、その、感覚で感じる、それが私、それでいいんだ、ってことも
改めて思う体験もありました。

2日間の講座では、通訳をお願いしました。
要約筆記(ノートテイク)という書いてもらう通訳です。

PCならまだ早いので、まあまあ話し手についていけるけれど、
手で書いてもらうので、話すスピードからは遅れます。
だからみんなが笑っているのに、???なことも頻繁に起こります。

そして要約筆記なので、話していることをすべて書いてもらうってことは難しく、
筆記者の方の頭の中で要約されたものが文字として書かれます。
その要約がちんぷんかんぷん、ってこともあり、
話のつながりが全くわからないこともありました。


要約筆記というのは、手話通訳とは違って、講習を受ければ誰でもなれるもの、みたいで、
技術の面では、まだまだこれからなんだなぁって思います。
またセミナーの通訳というのは、難しいのでしょうね。

きっと前だったら、聞こえる人と同じように、情報が受け取れないこと、
そういうことに悲しい気持ち、腹立たしい気持ちになって、
通訳の方に対しても、嫌な気持ちになっていたかもしれません。

でも今回は、通訳をお願いしてもわからないなんて、しょうがないね、
今まで一生懸命自分の足りない部分を補ってみんなと同じように、って、
一生懸命にやってきたけれど、無理なこともあるんだなぁ・・・ってあきらめられました。

そう、ここのところ、そのあきらめ、ができるようになってきています。

今まで一生懸命やってきたけれど、こんなにがんばってきたけれど、
難しいなんて、もうあきらめよう、って思えるんです。
そのあきらめは、きっと後ろ向きではなくて、前向きなあきらめなんだと思います。
肯定的なあきらめ、とでもいうのかな。

そして、もう情報や知識を追い求めることはやめよう、と思いました。
セミナーや講座に参加すると、講師の話を少しでも聞き漏らすまい、とか、
少しでも多くの情報を得て、わかったつもりになりたかったけれど、
それは私に合っていないんだ、情報や知識は私にはあまり必要がないのかもしれない、
と思いました。

感覚で、肌感覚で、受け取るのが私。

今回の講座でも、健先生の登場とともに、涙があふれてきて、
その波動を体で感じていました。

健先生のこともほとんど知らなくて、前情報なしに、なんとなく、ピンと来たから、と
感覚で参加して、やっぱりそれは間違いではなかったし、
そうやって自分の感覚を信じること、足りないところを一生懸命補うのではなくて、
得意なところをどんどん伸ばしていこうと思いました。
それでバランスが悪くなってもいいと思います。

感覚で生きるのが私

そんなふうに思ってあげればいいんだな、って思います。

それは、聞こえない私を、本当の意味で受け入れることかもしれません。
今までは聞こえないからと言って、できないこと、難しいことをなんとか補って
みんなと同じように、とがんばっていたけれど、
それは自分を否定することだったのかもしれません。

耳から言葉が、情報が入ってこないなら、その他の感覚で受け取ればいい。

その他の感覚をどんどん伸ばしていくほうが、きっと楽しい💕

そんなふうに思えたら、やっと自分を受け入れてあげられたと思い、
いっぱいいっぱい泣きました。


そして講座の最後、健先生も含めて、みんなで輪になって、
真ん中にいる20人(講座の参加者は300人くらい)にその他の人たちが
量子波を送りました。
それを何度も交代で繰り返し、会場は量子波であふれていたんでしょう、
そのあと、先生が輪になった一人一人の手をパンパンと叩いて回ってくれたのですが、
そのときに涙がぼろぼろとあふれました。

300人もの人の愛、それは健先生のスーパーラブと共鳴して、
会場にあふれ、それを感じてぼろぼろ泣きました。

そのとき思いました。

人の本質は愛っていうけれど、それは本当なんだ、
本当は人は愛の塊。

そしてその愛はどうやって出てくるのかと言えば、闇も光も統合したとき。
自分の中の光も闇もあっていい、これでいい、と認められたとき、
愛があふれてくるんじゃないか、 と。

たぶん、いいところばかり、楽しいことばかり追いかけても、
本当に愛があふれだすことはないんじゃないのかなと思います。


さきほど、通訳さんの書くことがわからないこともあった、と書きましたが、
実際には感謝することのほうが多かったのです。

一生懸命書いてくれていたし、講座の内容上真っ暗にすることもあって、
書いている文字が見えない、困った!とスタッフの方に懐中電灯を借りてくれて
真っ暗な中、書いてくれたり、ペアになってヒーリングするときには、
何よりも書くスピードを速くしてくれようと努力してくれていたのがわかりました。

そしてペアになった方も、私が読みながらなのでどうしてもやることが遅れてしまう、
そんなときに、仕草でこうするんだよ、と教えてくれたり、
人のやさしさをいっぱい感じられたのでした。

これも前だったら、みんなと同じようにできないこと、
私だけ、真っ暗になったらわからないじゃない、と悲しくなったり、
腹立たしくなったりしていたのですが、
そのときも自分のやり方でペースでいいし、できないところは助けてもらおう、と
思うようになり、とても楽でした。

そして前にもブログに書いたことがありますが、
できないこと、足りないことがあるってことは、
そこに、入ってくること、ものがいっぱいあるってことだな、って改めて思いました。

その講座で私は、人のやさしさをいっぱい受け取りました。
もし聞こえていたら、受け取れなかったものを受け取れました。

そういうことにフォーカスできるようになったことも、うれしいことだなって思います。

確実に変化していると思います。



講座が終わってから、ほとんど毎日耳に量子波を当てています。
クリアなのはまだまだ難しいかもしれないけれど、練習なので、
毎日少しずつやっているのですが、とっても気持ちがいいんです。
やっているといつもすぐに眠くなってしまいます。

この前は、寝るときに腰が痛くて、このままじゃ眠れないよ~、
どうしよう(>_<)、、いつもならアロマオイル(私にはウィンターグリーンが効く)を
塗るのに、ちょうどきらしていた、だから量子波を当てていたんです。
そうしたらいつの間にか眠っていて、次の朝起きたら痛みがなくなっていました。


もしかしたら、量子波、が効いたのかも!って思います。

気づきもいっぱいだったけれど、実用的でもあり、本当に行ってみてよかったです(*^-^*)

来年は健先生に会いにNYに行きたいなぁ💕とひそかに思っています。



量子波、に興味がある人がいたら、私でよければいつでも送りますので、
会った時に、やって~💕と言ってくださいね~♪