先週末は、2016年のmy田んぼ、最後の作業でした。

前回みんなで集まったのが10月末の収穫祭。
そのときは田んぼの作業はなかったから、またその前、というと、
脱穀作業で、それからもう1か月半以上たっていました。

ずいぶん寒くなってきて、みなさんいっぱい着こんでの作業。
半袖や短パンで作業してた頃が懐かしいです(*^-^*)

最後の作業は、大豆の収穫と畔直し。


android-20161128122939_20161128133707

android-20161128122927_20161128133706



android-20161128133336_20161128133649

android-20161128133351_20161128133649


土曜日は晴れていたので、日中は暖かく、みなさん道に座り込んで、
和やかに話しながら、あるいは黙々と、枝からさやを取る作業。

午後からは田んぼの畔をきれいに直してもらいました。

その間、私たちも田んぼの畔直しをしました。



android-20161128122918_20161128133713

崩れた畔を切って畔に盛り、穴があれば埋めて、水がたまるようにきれいにしていきます。

android-20161127161836_20161128133713

山からの水が田んぼにたまるように、ダムを作り、
田んぼに一定の水がたまるとまた小川に流れていく、そういう循環の作りになっています。

私たちの田んぼは一番端っこ。
なので水が抜けやすく、毎年なかなか冬水田んぼになりません。
冬水田んぼがなかなかできないのもそうだけれど、
田植えが終わってからも、水が何度も抜けるので、その管理が大変でした。
でも今年、もぐらが嫌がると言う、風車や缶を畔に刺したら、かなりの効果!
(音、振動が嫌い?怖がる?らしい)

これで今年、初めての冬水田んぼができるかも!

android-20161127161827_20161128133714

ダムを作って、小川の水が貯まるようにして、数時間後、
少しずつ水は溜まっていきました。

android-20161127161815_20161128133716

日曜日は朝雨がぱらついていましたが、作業が始まるころにはいったん上がり、
みなさんなんとか大豆収穫。

私たちの田んぼの畔もすべてきれいに直せました。

あとは水が貯まるのを待つだけ~(*^-^*)

冬の間、こうして水を溜めておくと、微生物が活躍してくれて、
土に栄養がたっぷりと含まれ、そして草も生えないから、
田起こしもしなくてもいい。

冬の間も自然にお任せしておけます。


久しぶりの田んぼの作業、寒い中での、結構な重労働でしたが、
やっぱり土に触れることは楽しいよ~💕と思いました。

2016年田んぼ1年生の方たち、都心からほとんどの方が、最後の作業まで
通ってくれました。
来年も続ける方が、三分の1くらいいて、また田んぼで一緒に作業できること、
とてもうれしいです(*^-^*)

中には、自分で作ったお米のあまりのおいしさに、また来年もやろう!と
決めてくれた方もいたとか。

自分で作るお米は本当に本当においしいのです💕
私も毎日お米を食べるたび、おいしい、おいしい、と感動するのです。


その土曜日の夜は、赤津さん親子が泊まってくれました。
前に収穫祭のときにめっちゃ面白い!と
ブログにも書いた だいちくんが
泊まってくれたのですが、やっぱり面白かった!


android-20161128122908_20161128133710

夕ごはんを食べて一休みしていると、ちゃっかり、二次会?の予定を書き込んでる( ;∀;)
この予定表は、どんどん変わり、最後、締めが11時になるのです( ;∀;)
寝させてもらえない~( ;∀;)

android-20161128122903_20161128133711

けん玉得意のだいちくんにけん玉を教えてもらい、
真剣に挑戦していたしのさん。


android-20161128133314_20161128133701

わたし、まったくやる気なし( ;∀;)
やってる姿がかっこ悪いと、動画も撮られた( ;∀;)


android-20161128122857_20161128133710

なぜかけん玉を持って歌を歌ったり(*^-^*)


この後も、じゃんけんで負けたら罰ゲームで、外、真っ暗な中、
道路の前で昭和の歌を歌う、とかも( ;∀;)
見事に負けた私は、ピンクレディの歌を大声で歌ったのでした。
そのあとも、4人で何曲も歌い続けましたよ( ;∀;)


そんな大騒ぎをしたかと思えば、カードリーディングで神妙になったり・・・


android-20161128122849_20161128225704

最初は3人で、「お願いします」と元気いっぱいだったのが、

android-20161127161845_20161128133712

核心を突かれて、ちょっと真面目顔になったり・・・

小学生なのに、タロットやって、なんていう男の子もなかなかいないでしょうが、
その内容にもちゃんと耳を傾けてくれて、真剣に聞いてくれる・・・

お遊び感覚でやっていたのに、いつの間にか深いところからのメッセージがやってきて、
隣で聞いていたしのさんが泣き出した・・・
自分と重なるところがある、のだそうです。

子どもなりにいろんなものを抱えているのだなぁとリーディングでわかって、
それは影の部分でもあるのだけれど、やっぱりだから人は愛しいのだ、と思う。

私は自分の闇の部分を見るのが好きだけれど、
人のを見るのも好きなんだと思いました。

ただ見て、ああ、そうなんだね、と静かに見るのが好きなんだ。

人とそういう時間を過ごすのが好きなんだなぁと思いました。


うちに泊まりに来る人で、リーディングを要望されるとやっているのですが、
リーディングすると、その人の深いところがあらわになっていきます。
普段は親しい人以外には見せない姿、隠していた姿があらわになるので、
もう格好つけていてもしょうがない、と開き直る(リラックスする)のでしょうか、
親密さが深まるような気がします。

そうやって週末になると人が泊りに来てくれて、田舎暮らしをする前は、
泊まると言ったら親しい間柄の人だけだったけれど、
ここに来てからは、ほとんど初対面の人も泊まっていったりするので、
出会う人は誰も、「赤の他人」という気がしないんです。
家族というか、この時代この国でこの地球に生きている仲間、とでもいうのか、
そんな気持ちになります。

一時一緒に過ごして、去って行き、そしてまた新しい人がやってくる。
そんな人との一期一会は私の人生を色濃く、深みをもたらしてくれています💕