さきほど書いた、高田さんのWS でも、これからももっともっと、
自然とつながり、自然の声を聴きながら、暮らしたいな、と思ったのですが、
それを強く思い始めたのは、昨年12月ごろからでした。

昨年は思いついて、月の女神の集い を優子さんと開催しました。
”月のサイクルを意識し、月のパワーを取り入れて、生きていきたい”と
思ったのが開催したきっかけで、意識したおかげだと思うのですが、
新月、満月のそれぞれのパワーを受け取ることができたと思っています。

そのころ、毎日のように大きな気づきがやってきていて、
アウトプットする時間もなく、満月の集いのことも書けずに終わってしまい、
それはまたいつか書けるときがきたら書きたいと思います。

そしてまたそのうち、月の女神の集い もやりたいなと思っています。

12月の満月が終わったころは、かなりすっきりしていたのですが、
それからまもなく冬至に向かうにつれて、私の中の抑え込んでいた感情が
ふつふつと湧き上がってきて、とても苦しくなっていました。

もうかなり感情を解放しているつもりでも、まだ残っているものがあり、
それは1年の清算をするような感じでした。

そのときは出てくる感情をただ感じて、「ああ、こんなふうに思ったいたんだね」
「自分をまだ責めていたんだね」「人の目を気にしていたんだね」と

”ああ、そうだったんだ”

とただ静かに見つめてあげました。

そのあとは、「今はこんなふうに思っているけれど、こういうことが起きているけれど、
本当はどうしていきたいの?」と自分の本当の望みを聞いてあげて、
できるだけそれを行動に移してあげました。

12月冬至に向かって、その後年末はそんなことをただひたすら繰り返していました。

だからもう、ちょっとした心のざわめき、もやもや、イライラ、が起こると、
自動的に”心の対話”が始まるようになりました。

誰かと話しているとき、何か外側で起こった出来事で、
何もないけど、例えば誰かのブログなどを読んでいるとき、
心にかすかな違和感が起きると、心の対話が勝手に始まるんです。

例えば、イラッとしたことがあると、
「今なんでイラッとしたの?」
  ↓
「○○が嫌だった」
  ↓
「なんで嫌って思ったんだろう?」
  ↓
「私にはできないって思っているから」
「私はだめって思っているから」etc
  ↓
「なんでだめって思うの?」
「なんでできないって思うの?」
 
(続く)

と、どんどん掘り下げていくんです。
そのときに出てくる感情を味わいながら。

そういうことをずっとしていたんです。

そうしたら年が明けるころにはだいぶ楽になっていました。

そのとき思ったんです。

やっぱり私たちは、月のサイクルもそうだし、自然のサイクルにリンクしているんだ、って。

ちょうど冬至になるころ、陰に極まっていくころ、
今まで押し込めていた私の感情が噴出して、闇を見ることは自然なこと。

そう思ったら、ふと、

私のこの中に、この体の中に、自然は、宇宙はあるのだ

という思いが浮かんできて、

この私の体の感覚さえ信じていけば、大丈夫!って思いました。

この自然のサイクルに沿って行けば大丈夫、って。

時々ね、体が教えてくれることがあるんです。
頭で考えていると、にっちもさっちもいかないことが、
体が教えてくれたことだと、すんなり受け入れられて、行動に移すことも
無理がなく、自然です。

体が教えてくれることって、直感ともちょっと違い、
直感は思い込みなども入っていて、
「これって本当にそうだろうか?」って疑ったりすることも出てくるでしょ?
でも体が教えてくれることって、疑うことがないの。
「ああ、そうなんだな、それが真実なんだな」ってすんなり受け入れられちゃう。

だから私はこれからも、心を大切にしながら、自然のサイクルに沿って、
自然のものを取り入れて、自然の流れに乗って暮らしていきたいな、

それが私の魔女としての生き方だなって思います。

これからもますます魔女として、生きていきます💕


android-20161214234948_20161214235451


私の闇をあぶりだしてくれた、炎。