このごろ、こういう世界って知らなかったな・・・って思うことがあります。
それは自分の心を丁寧に見つめてきて思うことです。

たとえば、相手の言動に、なんだか嫌な気分がする、
もやもや、イライラしちゃう・・・ってとき。

相手の言動が気になるときって、自分もそうしたいのに、それができないとき、
そう思ってはいけない、って抑圧しているときに起こります。

すべて相手は、自分の中にある抑圧しているものを見せてくれているだけ。

本当は嫌な人なんていない。
私が作り出しているだけ。

私も最近、相手の言動が気になったので、なんでそう思うの?って
自分に聞いてあげていました。

そうしたら、やっぱり相手がしていることを私もやりたいんだ、けれども
私にはできない、って思っていたことでした。

ああ、そうだったんだ、私もやりたかったんだね、やってもいいんだよ、って
言ってあげたら、相手のその言動もあまり気にならなくなりました。

今までだったら、そのもやもやした気持ちを相手にぶつけちゃっていたかもしれません。

あなたのこういうところが、ひっかかるのよね、っていう感じで。

もちろん相手に直接言ってもいいと思うんだけれど、
それをさらっと言えればいいけれど、言いにくいことって、ちょっと力が入っちゃう。
そういう状態ってあんまりよくない。

そして受け止めてくれる相手ならいいけれど、そういう相手ばかりじゃないし。

私は結構思ったまま言うことが多いから、それで人との関係がうまくいかなくなることも
少なくなかったんです。

でも言いたいことをストレートに言うのが私なんだからしょうがないでしょ!って
思っていました。

これが私なんだから!って。
開き直り( ;∀;)

思っていることをそのまま素直に言えないなんて、そっちのほうが
気持ち悪い・・・

って思っていたんですが、

最近は自分との対話をしょっちゅうしていて、いつも自分の心を見てあげているから、
相手に直接思ったことを言わなくても、自分の中で解消できるようになったんです。

以前、どうしても思ったら言いたくなっちゃう・・・っていうのは、
自分のことを大切にしていないから、満たされていなかったから、
相手に吐き出すより方法がない、ってことだったみたいです。

前は思っているのに、それを伝えないなんて、そんなこと絶対できませんでした。

だけれど、自分との対話ができていると、相手に伝えなくても、不満が残りません。

伝えるとしたら、もう何とも思っていないときに、あのときこう思っていたの、
って言うくらいでしょう。

とにかく思ったことをなんでもかんでもストレートに言ってしまうことが私なんだ、
と思っていたけれど、そうではないんだ、と改めて思って、
それは知らない世界だったな、って思うんです。

もうひとつあります。

それは、価値観の違う人に、自分を否定されるようなことを言われても、
なんとも思わない、ってこと。

今まではどんな人でも、自分を否定されるようなことを言われると、
傷ついたり、嫌な気持ちになったり、怒りがわいたりしたものですが、
あるとき、そういうことを言われても、心がなんともなかったんです。

ただ早く終わらないかな、って思っていました。

その相手は私の母親なんですが・・・

母親と言っても、自分を否定されるようなことを言われるのは
嫌なものです。

いつもは言われると嫌な気持ちになっていたのに、
最近言われたときには、何とも思いませんでした。

母親はとにかくああだこうだと話していたけれど、
それがまったく心に響かず、話が終わったところで、
「終わった?もういい?」って聞いたくらいでした。

どんなに否定されるようなことでも、自分がそうだと思っていなければ、
自分が自分のことを否定していなければ、人から否定されても
なんともないんだな、って思いました。

このときも、なんだか知らない世界に来たみたい、って思いました。


この知らない世界はとっても楽です。

毎日なんとなく過ごすんじゃなくて、自分の気持ち(思考にも)敏感になり、
違和感が出てきたら、自分と対話する、それを続けて行くと、
だんだん見える世界が違ってきます(*^-^*)