3日目もよいお天気でした(^^)

いつも起きるのが一番遅くて、起されているのですが、
寝起きはいいね!と言われていました(*^-^*)


android-20170319120450_20170319121231

この日の朝ごはんはオムレツ、とてもおいしかったです♡
フルーツもいっぱいいただきました。

この宿をあとにして、3日目はいよいよボルケーノへ向かいます。

ボルケーノは雨かもしれないよ、言われていたのに、全然雨は降りませんでした。


android-20170320144738_20170320145006


途中、遠くにアメリカ最南端のサウスポイントを見ながら。

レーネンさんによると、サウスポイントもパワースポットとのことだけれど、
遠いから遠くから見るだけになりました。


android-20170320144322_20170320145009

ハワイ火山国立公園から見た火口。
いよいよペレにご挨拶。

ここは観光バスも来ていて、すごい人でした。

ここにはジャガーセンターという火山やペレの資料館もあり、
そこでペレの絵を見たら、また泣けてきて~(T_T)

S__1007629

気が付くと、ペレのポストカードや絵ばかり買っていました。
ペレが好きみたいです♡

android-20170320125814_20170320130242

ポストカードはこのジャガーセンターで買ったけれど、
大きい絵はヒロという最後の日に行った街のギャラリーで買いました。

煙を上げる火口を見ながらペレを感じてみたとき、
向かって右のポストカードのペレの髪の毛のような末広がりのエネルギーを感じました。


国立公園を後にして、チェーン・オブ・クレーターロードへ。
見渡す限りこの景色です。

とても気持ちの良いところでした。

android-20170320144308_20170320145009

溶岩の中に、木が生えてきています。
死と再生。

S__7094302

しばらく瞑想していると、ハートとのどのチャクラに反応がありました。

android-20170320144316_20170320145009

この流れるような形、ペレの髪の毛とも涙とも言われている。


S__7094301

S__7094299

場所は変わって、ここも溶岩のあとに、植物が再生していました。


最後に、サーストン・ラバーチューブという、溶岩がトンネルのようになっているところに行きました。
ここも観光客でいっぱい!
まるで、鍾乳洞のようなところでした。


1日をほとんどボルケーノで過ごして、この日の宿に向かいます。

プナ地区のパホアにある、ジャングルの中のエコビレッジ。
日本人のケイコさんが経営しているThe Villegeという宿です。

パホアの街中から少し走ると、道の両側に熱帯の背の高い木がそびえてきます。
左側に濃紺の海。

次第に舗装道路がなくなってデコボコ道になり、人里離れた感が出てきて、
ワクワクし始めました。

そして到着!

~宿のことは次に続きます~