ハワイ島の大自然の中に身を置いて感じたこと、気づき、がいっぱいあったので、
順番に書いていきたいなと思います。

ハワイ島の旅のことはこちらから☆

BIG ISLAND ハワイ島の旅①
BIG ISLAND ハワイ島の旅②
BIG ISLAND ハワイ島の旅③
BIG ISLAND ハワイ島の旅④
BIG ISLAND ハワイ島の旅⑤
BIG ISLAND ハワイ島の旅⑥

一つ目は、聴覚障害のこと。
昔のころにさかのぼって書きたくなったので、長文になるかもです。

20年近く前に聞こえなくなってから、それは私の中で大きな位置を占めるようになっていて、
いつもいつも聞こえないことが、付きまとっていました。
ずっとネガティブな意味で付きまとっていて、

・聞こえないと、人との会話ができない
・聞こえないと、電話ができない
・聞こえないと、音楽が楽しめない
・聞こえないと、やりたいこと(仕事を含めて)が制限されてしまう

などなど、挙げればきりがないくらいですが取り合えずこれくらい挙げると、
全部「できない」とか「制限がある」とか、いいところなんて全然ない!
って聞こえなくなった当時は思っていたんですね。

好きだった仕事をクビになったことで、そのときに言われた、
「(聞こえない)あなたは迷惑な存在なんです」という言葉が、
そのあともずっと私をがんじがらめにして、
「私は迷惑な存在だから、目立たないように陰に隠れて生きよう」って
真剣に思っていました。

そんなころは例えば、聞こえないから周りの人がサポートしてくれると、
本当に申し訳なくて、「ありがとう」ではなくて、「ごめんなさい」しか言えなくて、
「ああ、本当にごめんなさい、これからはできるだけ迷惑をかけないようにしますから」
なんて心の中で思って、人との距離を遠ざけました。

サポートしてもらう、っていうことが、人として劣っているとか足りないことだ、って思って、
そういう自分が恥ずかしいと思っていました。

だから聞こえなくなった最初は、

人として足りない自分を恥ずかしく、ダメな奴だと思い、できるだけ人と関わらないようにした

というところから始まって、

そこから抜けると、同じような聞こえない人、手話ができる人たち、
とても親切にしてくれた会社での同僚との関わりで、人との距離が少し縮まりました。
またそのころ出会った見えない世界でセラピー、ヒーリングを学び、
私の心には大きな傷がある、ということを知りました。
そして心と向き合い、癒していく中で、私は恥ずかしいとかダメな存在ではなくて、
本当は素晴らしい存在だっていうことを教えてもらい、実際にはそんなふうには
思えないのですが、それでもずっと心が楽になっていきました。
人と関わることが増えてきたけれど、いつもみんなの話がわからない、と
1人になると、悲しい思いを感じていました。
そのころは、それを伝えることもできませんでした。

聞こえない自分はだめじゃないのかも?って思い始め、人と関わることが少しずつ楽しくなってきたけれど、
人といるときの孤独感はいつもあって、それをうまく周りの人に伝えることができなかった


という段階を経て、

田舎暮らしが始まり、それまでとは比べものにならないくらい、人と関わるようになりました。
田んぼ仲間や、うちのリフォームを手伝ってくれた人たち、
住み始めるようになると、たくさんの人たちが宿泊、遊びに来てくれるようになりました。
そのころは人と関わることが楽しくなっていたから、自分から人が来てくれるような企画を
したりしていたけれど、人がたくさん集まると話がわからないことが多くて、
この時期、どうやったら私もみんなとの会話を楽しめるのか、と本当に多くの試行錯誤をしました。
そしてどれくらい多くの感情が揺れ動いたことか。
怒り、悲しみ、さみしさ、妬み・・・、そういった感情を近しい人たちにぶつけることもありました。
「なんでこんなにつらい思いをしているのに、わかってもらえないの!!」と泣いて怒って伝えました。
また、コミュニケーションが苦手だから、その練習だ、と自分に言い聞かせて、
わざわざ多くの知らない人の中に入ってみることもありました。

その試行錯誤の結果、どうなったかと言えば、「あきらめる」ことができるようになりました。
周りで私がわからないことを話していてもいいや、全部わからなくてもいいや、って
思えるようになりました。
聞こえる人たちは、くだらない話だから聞かなくてもいい、と思えることでも、
聞こえないと、全部知りたくなるのですよね~・・・
でもわからなくてもいいんだ、と思えるようになったとき、本当に楽になりました。
そして聞こえないんだから、全部わかろうとするほうが無理、って思えるようになりました。

そして この記事 に書きましたが、
「人と過ごすことが楽しいな」って思ったとき、
あきらめなくてよかった、って思いが湧き上がってきたんですよね。
「あきらめよう」って思えるまで、あきらめなかったんだ、って思いました。

とことんとことん、やってみたかった、
「もうあきらめるしかない」って思うまで体験してみたかったんです。

このときは、

試行錯誤をして、みんなの話が全部わからなくてもいい、と、あきらめられるようになり、
私に必要なことはちゃんと入ってきているから心配ない、大丈夫、って思えるようになった。
心から人と過ごす楽しさを感じていて、聞こえない自分のことを、大切な存在、
自分のことが好き、って思えるようになってきた

ところまできました。


そして、さきほど挙げた記事で、この学びは終了して、次のステージへ、と書いたんですが、
ハワイ島で、それが来ます。

ハワイ島では、最初から耳で言葉を聞くというよりも、
テレパシーやエネルギーを受け取ることが多くありました。

ファーマーズマーケットのリーディングで、言葉では全く何を話しているのかわからないのに、
涙があふれて仕方がなくなる、
ヘイアウでメッセージを受け取り、そこでも平和や癒しのエネルギーに触れ、涙があふれてくる、
私が相手にリーディングするときも、補聴器がないのに、話をよく理解していたと言われる、
海に落ちる溶岩流を見ながら、思いがあふれてくる(きっとこれはチャネリング)
ハワイ島最後の夜、カメハメハ大王がそばに現れたのがわかる・・・

覚えていないところでももっとあったかもしれません。

そういうできごとを通して思いました。

私にはもう、言葉はあまり必要ではないのかもしれない、って。

そうそう、ハワイ島に行く前も、大勢の人がいて、会話がわからないとき、暇なので(^_-)-☆
その場のエネルギーを読んでいたことを思い出しました。
それが結構楽しかったんです。

この旅でも、聞こえない私の周りで、会話はあふれていました。

例えば、ケイコさんが、サナトクマラに縁が深くて、導かれてどこぞの神社に行き、
啓示を受け取った、シンクロに導かれている、とか、そういう話を車の中でしていたと、
あとでしのさんが教えてくれたのですが、そういう話は私は大好きだから、いっぱい聞きたいのに、
聞くことができない、前だったら、聞こえないってなんて損なんだろう・・・って
悲しく、悔しい思いでいっぱいだったと思うのに、今回は、あっさりとあきらめられました。

もう人からの話や情報で、私にわからないことは、
もうばっさりと切ってしまってもいいか、なくてもいいか・・・

自分が感じたこと、自分の中から湧き上がってくる思いを、
もっともっと大切にしていけばいいのかもしれないな・・・

直感を研ぎ澄まし、自分が感じることを大切にしていけば、
外側からの情報も必要な時は必要なだけ入るのではないか・・・

それが聞こえない私にとっての恩恵なのではないか、
そこを伸ばすために、聞こえないことを選んできたのではないか、


だから、聞こえなくなって最初のころ、「できない」とそちらのほうにばっかり目を向けていたけれど、
実は、「ないからこそ、できることがいっぱいある」のではないか、と思えるようになったのです。

そういうことはよく言われていることで、
「ないことに目をむけるのではなくて、あることに目を向けることが大切」
というように。

でもそれは、頭で理解しても、すぐに「ない」ほうに戻ってしまいます。
それを「本当にそうだった!」と腑に落とすのが体験だと思います。

そして、みんなが楽しむ会話や情報を追い求めずに、
自分の感じること、湧き上がって思いを大切にするということは、
自分を愛することであり、信じること。

私はやっと、自分の世界観を創りだせるのかもしれません。

できないところは、それを埋めようと努力するのではなくて、さっさと切り捨て、
できるところをどんどん伸ばしていくことで、

わたし

という世界を創りだせるのかも。



この前、ある人がブログで、「娘さんが大人になると失明するかもしれない、
親としてどうすればいいのか」という相談に乗っていました。

私が相談に乗るとしたら、

今まで見えていたのに、突然見えなくなるのは、本当につらいこと。
しばらくは悲しくて、つらくて、どうしていいかわからなくなっちゃうかもしれないね。
でもそれを悪いことと思わなくても大丈夫。
あなたが新しい可能性を開くために授けられたもの。
そこを越えたら、今までよりもきっと素晴らしい、あなただけの世界が創りだせるから、
そのときを楽しみにしていてね☆

と心から言えます。


障害があったり、その他マイノリティと呼ばれる人たちは、
人と違うことを理由に、社会的に虐げられることが多く、つらい思いをするから、
人の痛みもわかる、ということもあるとも思います。

でも私は痛みをわかるというよりも、人と違うから、違いを認められるようになったのかもしれない、
って思います。

あなたはそう思うんだね、そうするんだね、うん、それもいいよね、

って。

自分の思う正しさを押し付けなくなっているかもしれないです。

聞こえないところを、なんとかして埋めようと必死に努力していた時は、
違いを認められなかったけれど、わからないところは切り捨ててもいいや、って
思えるようになったら、人だってなんだっていいよね、って思えるんです。

(でもちゃんと、好き嫌いはありますけどね)


最後に、誤解しないでね、
人とのコミュニケーション、人からの情報を切り捨ててもいい、っていうのは、
私がわからない場合です。
私と一緒に話したいって思ってくれる人、みんなと話しているときに、
通訳してくれたりすることも大歓迎!

そんな人とは、いっぱいいっぱい話したいし、コミュニケーションしたいし、
伝え合いたいです♡

S__1007628





募集中です

★土が呼吸するWS、みんなでうちの周りに穴を掘ってください♪
 3月25日、26日(土日)
 参加費:無料
 詳細はこちらから→ 

★ツリーハウスに小さな電気を灯そうWS
  ツリーハウスにソーラー発電を設置したり、自分用のを作ります
  4月8日、9日(土日)
  参加費:8日は2000円
       9日は作成する人は15000円、見学は1000円
  詳細はこちらから→ 

★魔女の自然とつながる学校
 田舎暮らし体験しながら、自分の心を見つめてみませんか?
 いつでもやっています♪
 詳細はこちらから→