先週末は、田んぼ仲間、移住仲間と一緒に、自分たちの田んぼに来るホタルを見に行きました。

その日の午前中は毎月恒例の里山保全活動の日。
雨が降る中、そしてすごい湿気の中、草刈などみなさん、大変な作業をしてくれました。

私はいつも通り、地元のお母さんと一緒に、
薪でご飯を炊いて、おむすびを作りましたよ(*^-^*)

5升も炊いちゃった!

android-20161017204230_20161017205859



そしてホタルを見る前に、うちでみんなで夕食会をするので、すくすく育っている稲を横目に
早めに帰って、ご飯の準備。

20人ほどの料理を作るので、前日の買い物から大変!
それに里山活動のときの約50人分の豚汁の材料と一緒だったので、
それはそれはたくさんの量を買いに行きました。

野菜はここで、魚はここ、肉はここ、と買う場所もまちまちなんです。

もちろん20人ほどの料理を一人で作れるはずがなく、
参加者の方にも手伝ってもらい、それでやっとできました(*^-^*)

自分で言うのもなんですが、料理はかなり好評で、みなさんに
「あれもこれもおいしい!」と言っていただいて、うれしい気持ちでいっぱい♡

私が料理をするのが好きになるなんて、そしておいしいと言ってもらえて、
それをうれしい、と思う日が来るなんて、自分でも意外です。

移住する前は、本当に料理ができない人でした(>_<)
食べることに興味がなかったんですが、田舎ではおいしい食材が豊富で、
興味がないなんて、言ってられません(*^-^*)

時々ね、自分が作る料理が本当においしいって思って、
それは野菜のうまみがぎゅっと詰まっているのを感じたときに、そう思うことが多いんだけれど、
そういうときも自然に感謝の気持ちがわいてくるんです。


夕食会は、田んぼ1年目の人から、数年やっている人、移住者、が入り混じって、
田んぼで顔を合わせたり、話したりすることのない人とも交流する場になったかな
って思います。
子どももたくさんいて、とてもにぎやかでした(*^-^*)


8時くらいになると、うちから歩いて田んぼまで行きました。
真っ暗な山道、一人じゃ絶対怖いけれど、みんな一緒だから、安心で、
15分ほどの道のりだけれど、それも楽しいから、車で行くよりも、
歩くことをお勧めしました。

田んぼについて最初、あんまりいないなぁ・・・と思ったのですが、
次第に結構たくさんいるのを発見!!

大人も子供も大喜びで、長い間、夜の田んぼで過ごしました。


19599024_1791167717621492_4106144438886077673_n


S君の洋服に止まったホタル。

夢中で写真に収めていましたね(*^-^*)

飛んだり、田んぼの中にいるホタルは残念ながら写真にはなかなか撮れなかったですが、
ずっとずっと見ていたい、そう思いました。

みんなも「楽しかった!」って言ってくれて、この会を開催してよかった♡

ホタルを見る機会はそんなにないと思うし、それも自分たちがいつも作業している田んぼで
ホタルを見る、ってそれだけでもワクワクするよね♪


この日は10人ほど泊まってくれて、何度も泊まってくれているK家とS家の小学生の
男の子二人が、なんと!階段出来立てほやほやのツリーハウスに泊まってくれることに!

数日前から掃除したり、下にマット敷いたりして準備しておきましたよ(*^-^*)
(あ、Yちゃんの「あくま」の絵はそのまま飾ってあります♪)

881265262011407_1643359910_n

もう暗くなる前に、寝袋も敷いて、準備万端!

寝るときに一緒についていったのですが、
暗い中、私が電気を点けると、電気が点くと思わなかったようで、
びっくり、感動していました(*^-^*)

寝心地は・・・、というと、夜中大雨が降ったので音がうるさかったのと、
(でも雨漏りはしなかった)
揺れるのと、戸を開けられないので、暑いのと、あまりよくなかったみたいですが、
いい経験にはなったみたい。

鳥が好きなS君は、ツリーハウスの近くまで鳥が来て、写真に収められて
それはうれしかったようで、何か一つでもいいことを感じてもらえてよかった♪

これからの季節は、雨が降らないと確実な日だったら、蚊帳を吊って、
戸を開け放して寝ると、気持ちいいかもしれないな(*^-^*)

大人も寝れますので(たぶん一人)、挑戦したい人はぜひどうぞ!

19554299_1791316494273281_4520077150181451009_n

森の中のツリーハウス、やっぱりいい☆


たくさんの人をお迎えすること、準備も片付けも大変で、疲れないわけはないのですが、
私の中に、私が普段楽しんでいる、とても素晴らしいと思っている、自然の中での暮らし、
それを多くの人に伝えたい、私と同じように楽しんでもらいたい、
子どもたちにはいつもと違う経験を、大人にはほっとする時間を過ごしてもらいたい、
という思いがあるので、きっと疲れても疲れても、やりたいんです。

田舎暮らしを体験してもらう、って言っても、特別なことをしているわけじゃない、
普通の暮らしを体験してもらうだけなんだけれど、
でも私は自分がやりたいことを、できることをやり尽くしたな、って思ったとき、
本当に幸せな気持ちになります。

それをさせてもらえることが幸せなんですね♡

次の日の朝、出発が遅かった方々に、リーディングをさせてもらったんですが、
普段はあまり話したことのない方々でした。
それがリーディングをさせてもらったことで、気持ちが近づいた、そんな気がして、
私はここにいて、たくさんの人と心を通わせることができ、それもとても幸せなことだなぁって
思いました。


写真は、佐々木さん、河野さんからお借りしました♪
ありがとうございます。




募集中です

石窯を作るWS
  日時:7月8日(土)、9日(日)
  場所:匝瑳市里山の古民家まりりん邸
  参加費:2000円