4日目は、やっと朝から晴れました!

この日は、アラートンガーデンで植物剪定のボランティアです。

アラートンガーデンの正式名称は、

ナショナル・トロピカル・ボタニカル・ガーデン
アラートンガーデン

です。

『アラートンガーデンを作った、ロバート・アラートンの働きかけで、
1964年にアメリカ議会からボタニカルガーデンとしての認可を受けて、
個人基金の非営利団体として今日に至る。
活動の目的は、植物学による調査、研究。
植物、特に絶滅の危機に瀕している植物や希少な植物の保護、保存、繁殖。
公共の教育、の3つを主としている。
個人や機関からの援助、多くのボランティアの協力で成り立っている。』

以上、フミさんにいただいた、日本語ガイドブックより。

バスに乗って、ガーデンを周る、ツアーもあります。

この日は午前中から、お弁当を持って参加。

最初に、高台にある事務所に寄って、サインインしてから、
ガーデンに下っていくのですが、その高台から見える景色がとても素晴らしいんです。

1319

写真ではわかりずらいけれど、遠くに海が見えて、それは素晴らしい景色!

事務所の隣に広いスペースがあって、その部屋では、
植物の絵を描くクラスがあって、日本人の方も参加されていました。


さて、事務所からしばらく下っていき、ガーデンに入っていきます。

1328

今回の私たちの担当は、このナウパカの剪定。

こんなかわいい花が咲くんですよ。

1326

ナウパカの花は、半分だけ咲いたような形をしていて、
海と山に咲く花があるようです。

伝説もいくつかあって、そのひとつにペレが出てくるものもあります。

ペレが嫉妬して、愛し合う男女の仲を裂いてしまい、
それを神様がかわいそうに思って、せめて花では一緒になれるように、
と半分ずつの花になったそうです。


そんな伝説のある植物、ナウパカをばっさばっさと切っていきます。

こんなに切っちゃっていいの~?と思うほど、
ばっさり切っていくのです。

1325

上に1本だけ伸びている若い枝を残して、あとは、ばっさり!

切った枝は、マルチにして、そこに残していきます。
下草は抜いて、除去します。

1327

休憩、で、離れた大きな木の陰から、剪定途中のナウパカを見て。


この日、27度くらいだったと思うんだけれど、暑いのもあり、
午後2時半くらいまでやったかな、結構ばてました(T_T)

でもめちゃくちゃ楽しかったよ~♡

S__19267592

フミさんと。

終わってからは、フミさんに園内を案内してもらいました。


1324

昔のハワイアンの家。

1323

タロイモ。

1321

ハイビスカス。

1322

ティーリーフ。


この日は、とにかく暑くて、ばてたので、終わってからは
買い物をして宿に直行!でした。

アラートンガーデンのボランティアは、あともう1回あります(*^-^*)
ナウパカ剪定の続きをします♪