もう9月も半ばになろうという、
稲刈も始まっているときなのですが、
8月のできごとやいろいろ思ったことなど、書いていきます♪

できごとは簡単に写真中心で(*^-^*)

まず、8月初めのころに、埼玉県のときがわ町、
ぷくりまランドに行きました♪

20180806_134030

おうちの窓からこんな景色♪
千葉は、山が低いから、やっぱり高い山はいいなぁと憧れます。

20180806_134406

ブランコ気持ちいい~♪

38676793_1731091857007549_8405466446716469248_n

38600672_1731091657007569_7694877207243522048_n

ぷくりまランドの近くには、こんなきれいな川があって、
連れて行ってもらい、美女二人で泳ぎました💕

千葉の海で何度か泳いだけれど、「もっときれいだったらいいのに(T_T)」と
思っていたので、こんなにきれいなところで泳げたのは、
本当にうれしかったです💕

ぷくりまランド は、Airbnb
から予約できますよ。

オーナーは、福島さん。
うちでツリーハウスのWSをやったときに、参加してくれたのがご縁です。
民泊を始められたと聞いて、早速遊びに行ってきたのですが、
千葉から2時間くらいで、山の中、きれいな川、
千葉にはないものがいっぱいって、非日常を楽しめました♪





遊びに行った後は、うちでお客様をたくさんお迎えしました。

まずは、田舎暮らし体験で、お盆休みで家族連れがいっぱい来てくれました。

20180812_122812

畑で野菜を収穫して、ピザづくり。

20180814_112118

おうちの外壁に絵を描いたり。

20180814_115206

水遊び。
二人とも、水を出し始めたら大喜び!
パンツも脱いで、素っ裸(*^-^*)
流しそうめんも一緒に食べました♪

20180814_135705

貝殻のリース作り。

20180816_140345

今度は部屋の壁に絵を描いたり。

20180816_143603

子どもって、すぐに体に絵を描いちゃうの~(*^-^*)

子どもたちがたくさん来てくれたので、
私も久しぶりに子ども心を取り戻していました。

田舎暮らし体験は、ただ田舎で遊ぶ、という感覚で来てくれる方も
いますが、中には、移住も視野に入れてきてくれる方々もいて、
そういう方々は、私の暮らしにも興味を持ってくれて、
いろんな質問をしてくれます。
そういうお話ができるのも楽しいです。

普段大人対応が多いんですが、
夏休みは子どもさんもたくさん来てくれて、
そうすると、子どもが喜ぶことって何をしたらいいかな~?
ってすごく考えて、頭はフル回転で、アイディアがどんどんわいてくる!
それも楽しい時間でした♪





20180815_144147

20180826_144629

植物で作るWSも2回ほどして、
ドクダミエキス、びわの葉エキス、アロマオイルで作る虫よけスプレー、
日焼け止めクリーム、赤シソジュース、ジェノベーゼ、などなど、
参加者のみなさんといろいろ作りました♪

20180826_141151

お昼は、流しそうめん♪


20180825_205833

宿泊の方もいて、一緒に満月前の月があまりにもきれいだから、
夜の海にも行きました。





8月後半は、草木染のWSをしました。

20180829_114019

終わりごろのヨモギを収穫して、煮出します。

20180829_114114

赤シソを酢水に一晩つけて、酸性抽出。

20180829_140730

みょうばんにつけたら、色が抜けちゃった!!
で、また戻したら、薄いピンクになりました♪

20180829_145339

みなさんそれぞれ持ってきた布を染めることができました。

私は袖口の汚れが取れなくて、このままだと着て出かけるのはちょっと…
って感じの長袖Tシャツもヨモギで染めたら濃く染まり、
汚れが目立たなくなって、まだまだ着れる~♪ってうれしくなりました。

草木染は、9月10月も行う予定です。
9月は24日(月・祝)を予定しています。
マリーゴールドを使います。
10月は日程は未定です。
またブログでお知らせしますね。





8月お盆休みからは特に、来客が多くて、大忙しでした。
でも自分がやれる範囲で、やりたいようにやろう、と決めていたから、
負担ではなくて(体の疲れはあるけれど)、ふと思ったのは、

私って聞こえないのに、たくさんの人に来てもらって、対応して、
自分で言うのもなんだけれど、すごいじゃん!って。

聞こえなくなったころ、もう人とコミュニケーション取るのは難しいって
思って絶望して、あまり人と出会わないようにして生きて行こう、って
思ったのが嘘みたい。

私が出会った聞こえない人たちは、

「聴覚障害はコミュニケーション障害だ!」

って言ってて、普通の聞こえる人たちと、
コミュニケーションを取ることがすごく難しいって言ってたし、
私もずっとそう思ってきて、
だから、人一倍人とコミュニケーションを取るためには
努力しなければいけないって思ってた。
できないんだから、足りないんだから、そこを補わなくちゃいけないし、
それには努力しかないって。

人の輪の中に進んで入らなきゃいけないと思って入るけれど、
入ったら入ったで、みんなが話していることが全然わからないから、
悲しくて、つらくて、寂しくて…
なんで周りの人たちは、配慮してくれないんだろう、って
怒りもあったり。

そういう時間が結構長くて、でもちょっと前に、

聞こえないんだから、無理して聞こうとするのはやめよう。
外側の声をもう聴かなくてもいい、
自分の心の声さえ聴いてればいい。

って思えるようになったら、すごく楽で!

その後も葛藤はあったんだけれど、
最近は、深いところから、そうしよう、それでいい、と思えるようになって、
それって、

ありのままの自分を認める

ってことだよねぇ。

以前はできないこと、自分に欠けていることは、
努力してなんとかしなくちゃ、
それが生きて行く中で、とても大事なことだ、

って思っていたのが、

できないことはできないでいい、
みんなと同じようにできないことが悪いことではないし、
それは逆に私の良さだ、
欠けているそのまんまで私は完璧だ、

って思えるようになったんだから、すごい変化。

コミュニケーションって、方法論などもあると思うけれど、
私は、自分のありのままでほかの人と対応できれば、
技術も方法もいらないし、そんなに難しいことではないと思ったよ。

コミュニケーションで苦労するって、ほかの人にどう思われるか、とか、
外側を気にしているから、起こることじゃないかって思った。

コミュニケーションが苦手だから、努力しなくちゃ、って
思って人と付き合っていたのが1週して、苦手でもいい、
人の話がわからなくてもいい、って、思えるようになったら、
普通に人と付き合うのが好きになっていた。

前は誰とでも仲良くしなくちゃって思っていたけれど、
今はそれもなくて、合わない人とは付き合わなくてもいいって思っているから、
それも人と付き合うことを気楽にしてくれてる。

そんな感じで、夏は自分のやりたいことをいろんな人と楽しむ時間を持てたら、
保育士時代を思い出し(子どもといっぱい遊んだからだと思うけれど)
聞こえなくなって保育士を辞めるとき、上司にひどいことをいっぱい言われたこと、
すごく傷ついて、本当は辞めたくなかったのに、辞めなきゃいけなくなったこと、
だから長い間その上司をずっと恨んでいたのに、上司の顔が鬼のように見えたのに、
今その上司を思い出すと、その顔は笑っているの。
笑い顔しか思い出せないの。
私のことを、笑って、新しい世界に見送ってくれてるの。
そのとき思った。過去が癒された、過去が変わったって。
今が変われば、未来が変わるだけじゃなくて、過去も変わるってこと、
本当だったよ。

私は辞めさせられたんじゃなくて、自分が新しい世界に行きたくて、
背中を押してもらったんだ。

全部自分の中で起こっていたこと、自作自演だった。