カウアイ島から帰ってきてすぐに、
二つのイベントがありました。

24日は薪割り大会、25日は第2回目のマコモの枕を作るWS。

23日はイベントではないけれど、移住仲間の岩間さんが
薪割り大会の準備で、丸太を玉切りするために来てくれました。

20181123_104424

チェーンソーとか持ってないし、あっても使えないので、すごく助かる!

20181123_104439

うちにある丸太は、もう何年も前にいただいて、
少しずついろんな方々に薪割りしてもらっていたのですが、
それでも間に合わず、10本以上放置していました。

そのため、ほとんどきのこが生えて腐ってスカスカ状態。

新しいのをあげるよ、と何人かの方に声をかけてもらっているのですが、
古いのを処分しないと場所がどんどん占領されていくので、
今のところ、新しいのをいただくのをお断りしていて、
まずは腐っていても、割ったり、どうしても使えないものは、
燃やしたりして処分しなきゃいけない状態です。
ここがきれいになれば、駐車場も広くなるから、ね。

岩間さんに玉切りをしてもらっていると、
一緒に来てくれた赤星さんが、
「まりりん、お肉を持ってきたから一緒にランチしませんか?」
とうれしいお誘い♪

では、うちの畑の野菜を収穫してサラダにしよう!と
一緒に畑で収穫。

今うちの畑は、夏よりも野菜が豊富で、
わさび菜、春菊、パクチー、キャベツ、白菜、大根、カブ、秋じゃが、
などが収穫できます。

20181128_112436

草だらけに見えるけれど、その中にちゃんと野菜が育っています(*^-^*)

20181123_110900

おすそ分けもできました♪

20181123_122421

20181123_122431

お肉も、サラダもとってもおいしかった♡



24日は遠く、東京、埼玉、神奈川から、4人の方が薪割りに来てくれました。
いつもWSなどに参加してくれる、MY田んぼの今福さん、KNS君、FJTさん、
匝瑳出身のSINさん、ありがとう(*^-^*)
いつもすごーく助かってます♪

20181124_112531


20181124_110553

腐っているので、スコーンって割るよりは、ドスッって感じで
割れていたようで、やっぱりもっと軽快に割れるとよかったね~
みんな和気あいあいとしていて、笑いの絶えない時間でした。

20181124_130120

この日も外でご飯。

薪でご飯を炊いたんだけれど、ちょっと失敗( ;∀;)
何度炊いても失敗しちゃう(T_T)

でもみんなおいしいって食べてくれてうれしかった♪

ランチを食べてから、ちょっと真面目な話も。
私が心の深いところの話が好きなので、みんなにも付き合ってもらって
聞いてもらっていたら、「よくわかる」とか「わかる気がする」とか
共感してくれる人もいて、私は昔ヒーリングとかやってて、
今も時々リーディングはしているけれど、前ほどやらなくなっていて、
やらなくなってきたのは、前は「人の心に寄り添いたい」って思ってたけど、
今は、そういう気持ちがないわけじゃないけれど、
人の心に寄り添うより、自然に寄り添いたいって思うようになったり(笑)
それは冗談だけど、自然の中にいて、それで人の心が自然と癒されていけばいいなぁと
いう気持ちのほうが強くなってきたから、特にヒーリングはしなくなってきていた。

それでそのとき、私が心の話をしたら、共感してくれる人もいて、
なんだかその場が、そこにいる人たちが、(私が勝手に思うことだけれど)
癒されて、深いところでみんなが安心しているような場になった気がしたんだよね。

だから特別リーディングやヒーリングするよ、って機会を作らなくたって、
みんなが集まった場で、私がしたい話をしたり、みんながしたい話をしたら、
それで必要なことが起きる(癒されたり安心したり)んじゃないかって思った。

私の中には、やっぱり出会う人たちが、この自然の中で、自然に触れて、
楽になってくれたらいいな、抱えてる悩みも軽くなるといいな、
という思いは深いところにあるので、
こういう形は私にとって自然で、私自身もリラックスできるし、
自然の中でのWSはこれからも続けていきたいなって思いました。

薪割り、まだまだ木は残っているので、またやってもらわないと~(*^-^*)

今度は斧をもう少し増やしておくね。



25日は第2回目のマコモの枕を作るWS。
今回は田んぼ仲間のさやかちゃんとお友達のさとちゃんが来てくれました。

さやかちゃんは私のWSによく興味を持ってくれて参加してくれる、
年は離れているのに、とても気が合うお友達。
今回はさやかちゃんの小学校からの親友というさとちゃんも初参加で、
やっぱり年が離れているのに、一緒にいて楽しい(*^-^*)
3人で、ぽかぽかのお天気の中、ほのぼのと楽しみました♪

20181125_105745_1

20181125_113037


20181125_125059

さやかちゃんは、カメラマン。
いつも私のWSでは、素敵な写真を撮ってくれて今回も、
すごく素敵な写真がいっぱいで、素敵な感想も寄せてくれたので、
後日写真とともに詳細をブログにアップするので、
ここでは簡単に。



3連休後、そろそろ畑の小豆を収穫しなくっちゃ!
もう遅くなっちゃった!と
その日もぽかぽかのお天気の中、外で小豆の収穫をしていると、
電動三輪車に乗って、隣の畑のおじいちゃんがやってきました。

20181128_125403


おじいちゃん、近所に住んでいて、うちの隣の畑は数年前に引退。
時々電動三輪車に乗って、うちの前を通りかかり、
もう一つの畑で作っている野菜などをおすそ分けしてくれます。

今回はほうれん草をくれたあと、
「車に乗って、自分のあとについて、畑に来なさい」と言ってくれるので、
詳細は分からないけれど、おじいちゃんの電動三輪車のあとに車で(時速1~2キロで)
付いていくと、まず大根をくれて、いろいろ野菜をくれるのかなぁと思っていたら、
おもむろに袋を出して、その中に入れ始めたのは、なんと土!
栄養いっぱいの土を袋いっぱいに入れてくれて、ビニールのマルチと、
自分で種から育てたであろう、エンドウ豆の苗をくれました。

まだおじいちゃんが隣の畑に来ていたころ、
まだうちの畑はなくて、ここに畑を作りたい、って言ったら、
お願いもしていないのに、ある日耕運機を持ってきて耕してくれた
っていうありがたい過去もあり、
だからうちの土はよくないって知っている( ;∀;)

だから土までくれたんだなぁと思うと、本当にありがたくて、
「おじいちゃん、サプライズ、ありがとう!」と思わずタメ口になっちゃったけど、
そういうと、にこっと笑ってうれしそうなおじいちゃんでした。

20181128_125343

ビニールのマルチ、自分でやったことがないんだけれど、
見よう見まねでやってみた。

20181128_145926

春になって、エンドウ豆ができるのが楽しみだなぁ(*^-^*)



カウアイ島から帰ってきても、
うちでの日常がこんなに楽しくて、旅行は特別なものというよりは、
日常の楽しみの延長にある、そんな感じがしました。

そしてふと気が付くと、たくさんの人に助けてもらっていたり、
一緒にやりたいことを楽しんでもらっているなぁと思いました。

近所の移住仲間や、遠くから来てくれる田んぼ仲間、
古くからこの地に住まう地元の方、
たくさんの方々に支えてもらって、助けてもらって、
一緒に楽しんでもらえる田舎暮らしが今できていて、
なんて幸せなことだろうって改めて、しみじみと思いました。

最初、匝瑳に移住してくる時、
「自然の中で暮らしたいなぁ」ってそれだけを思って来たんだよね。
それが自分でも思いもよらないほど、広がってきて、
今の暮らしは当たり前のように思うけれど、そうではなくて、
奇跡のようなものかもしれないなぁって思います。